洋服たんす うるみ桜 三代続く桐たんす工房 桐の蔵

HOME l サイトマップ

桐たんす工房 桐の蔵 トップページ > 桐たんす > 洋服たんす > うるみ桜

洋服たんす うるみ桜

洋服たんす うるみ桜 毛皮やロングコートに洋服たんす
洋服たんす うるみ桜 詳細

洋服たんす うるみ桜 横

2つに重なっている洋服たんすの側板も、当然ながら上から下までつながっています。奥行きが広い洋服たんすも、厳選に厳選した板を使っています。

洋服たんす うるみ桜 裏板

2つに重なっている洋服たんすの裏板は、長い上台の裏板も、厚さ9mm。こんなに長い板で、なかなか上質の板は見つからないものです。


伝統技術のほぞ組

(画像をクリックで拡大)

板と板のつなぎは伝統技術のほぞ組。角は丸く削られ、やさしい感じに仕上がっています。

板厚2.7cmの無垢板

(画像をクリックで拡大)

四方が丸く加工されている「四方丸」と言う作り。また、台輪と呼ばれる一番下の部分も、下からの湿気に対して、 守ってくれる役目も果たします。

移動できる小引き出し

(画像をクリックで拡大)

洋服たんすには、持ち出せる小さな小引き出しが付いています。ちょっとした小物を収納するのに便利です。

鏡とネクタイ掛け

(画像をクリックで拡大)

洋服たんすの引き出しは、幅・奥行き共に、着物から普段着までゆったりと収納できます。

重ね合わせ

(画像をクリックで拡大)

たんす自体の重なっている部分も、ほとんど隙間はありません。空気の入る隙間もないほどに、手作りできる技術です。

たとう紙 引き出し

(画像をクリックで拡大)

洋服たんすの引き出しは、幅・奥行き共に、着物から普段着までゆったりと収納できます。

たんすの幅が1m9cmの広さで、引き出しが一段付いた洋服たんすです。
洋服を掛けるため、奥行きは60.6cmと深く作ってあります。

観音開きの中は、パイプが付き、洋服が掛けられます。
また、ネクタイ掛けと鏡、移動できる二段の小引き出しが付いています。

全体の板の厚みは2cm7mmの厚い無垢材を使った胴厚と呼ばれるモデルです。
(胴厚と呼ばれています)

全体の四隅は丸く鉋で削って丸みを出した「四方丸」と言う、とてもシンプルな作りです。
また、全体は、2つに分かれる二つ重ねとなっております。

下一段の引き出しは、少し深めで、「着物」が5〜6枚。また、普段着まで、たっぷりと収納できます。
そして、奥行きが深いため、重宝する事、間違いなしです。

写真のたんすは、引き出しが、一段ですが、引き出しを二段にしたり、三段にしたりのオーダーもお受けいたします。

引き出し二段までは、ロングコートが掛けられ、引き出しを三段にすると、ジャケットやスカートが中心となります。

取り付けられている金具は「桐の蔵・オリジナル」の金具になります。
他では見る事の出来ない上品で豪華な金具は 本体が漆にて塗装され、貝を桜の花の形に埋め込んだ螺鈿仕上げとなっています。

塗装は伝統的な「砥の粉」塗装。
お手入れは水分に強くないため、乾拭きでお願いします。

横幅を広げたり、高さを変えたり、洋服を二段吊りにしたりなど、どんなオーダーもご相談下さい。
総桐の洋服たんすは、毛皮など、高価な洋服を湿気や害虫から守ってくれる強い見方です。

 

金具をお選び下さい。

当社では、桐たんすの金具はお客様のご要望をお聞きして、お好きな金具を付けさせていただきます。
桐たんすは、金具を変えただけで、ガラッと雰囲気が変わります。
人気の金具 51種類をご用意いたしました。ごゆっくりお選び下さい。 詳しくは金具一覧からどうぞ。

 

オーダーメイドにて製作いたします。

 

国産桐

新潟県十日町産の桐を使用しています。

桐たんすで、もっとも重要なポイントは良質な桐材です。どんなにすばらしい職人が製作していても、またその会社に 歴史があったとしても良質な材料なくして、良質な桐たんすはありません。

では良質な桐材を使っているかは、どこで判断したらいいのでしょうか?どても難しい質問ですが、一番は直接業者に聞くのがいいでしょう。

またインターネット上では、たくさんの桐たんすが見られますが、材質のところに「総桐」や「桐100%」と書かれているところはやめましょう。

中国桐を使っていたり、日本桐と中国桐を混ぜて使っていても「総桐」ですし、「桐100%」です。

ここが重要です。お客様はよく騙されるところです。

新潟県十日町産の桐を仕様しています。

 

伝統工芸士が手作りで制作いたします。

経済産業大臣指定 伝統工芸士が制作いたします。

一人前になるまで10年以上とも言われる桐たんすの職人の世界。
毎日毎日、繰り返される仕事の中から、職人はその技術を自らの力で身につけていくのです。

職人の一つ一つの作業は、どれをとっても、機械で行う工程はほんのわずか。
すべての工程は、職人の「手」で見極められ、最初から最後まで経験で培った「技術」と「目」によって最高の桐たんすが作りだされるのです。

完成まで40日〜60日かかります。
洋服たんすを購入して頂いた 兵庫県 浜田様

この度は、遠い新潟から娘の新居に桐たんすをお届け下さいまして、誠にありがとうございました。
短い、四ヶ月の間に立派に作っていただき嬉しく思います。

桐の蔵様に出会って、本当に良かったです。
加茂桐たんすに出会ったのは、数年前、主人の職場にカタログが送られてきました。

当時、娘は大学生。とても高価で私達が購入できる物ではありませんでした。

しかしこの度、結婚することになり、繊細で上品な加茂桐たんすを娘にもたせたく、インターネットで

「加茂桐たんす」を検索しました。そして出会ったのが「桐の蔵」様でした。

他にも5社ほど、カタログを取り寄せましたが、勘案の結果、「桐の蔵」様にお願いしました。
誠実な対応と物作りに対する心意気が伝わってきました。

そして、届いたたんすを見まして、涙が出るほど嬉しく、出会いを感謝しています。
物を大切にする娘です。一生大切に使ってくれると信じています。

どうぞ桐の蔵の皆様、お体を大切にお励み下さい。桐の蔵の益々のご発展を、心よりお祈りします。

兵庫県 浜田様


全国のお客様

 

洋服たんす うるみ桜

■桐材:新潟県内産桐
■本体の板の厚み:27mm
■外寸:横幅1090mm×高さ1730mm×奥行605mm
■引出し内寸:横幅994mm×奥行550mm×深さ150mm
■仕様:総面取り・棚板通・隠し箱・鏡・ネクタイ掛け
■塗装:砥の粉・ロウ仕上げ
■加茂箪笥協同組合証明証紙
■伝統工芸士名の焼印入り
■金具:金具のご紹介からお選び下さい。
■送料:送料のご紹介をご確認下さい。

価格:¥980.000(税込)


カタログ請求はこちら フリーダイヤル 0120-57-4337

*作り手からの一言

職人 横山松雄

洋服たんすは贅沢じゃありません。
職人 横山松雄

百貨店では見る事のできなくなった洋服たんす。「クローゼットがあるから」と言われますが、高価なコートや毛皮。カシミアなど、湿気や害虫から守れるのは、桐の洋服たんすしかありません。

 

梅

スタンダードな桐たんす

横幅1m9cm
本体板厚2.7cm

\880,000

詳しくはこちら
うるみ桜 うるみ桜

トップクラスの桐たんす

横幅1m9cm
引き出し1段
本体板厚2.7cm

\980,000

詳しくはこちら
春

最高級の桐たんす

横幅1m6cm
引き出し1段
本体板厚4cm

\1,200,000

詳しくはこちら
金玉虫 金玉虫

最上級の桐たんす

横幅1m80cm
引き出し1段
本体板厚3cm

\2,200,000

詳しくはこちら
整理たんすはこちら
和たんすはこちら

はじめの一歩
桐たんす用語集

■このページの先頭に戻る

■お支払い方法

お支払い方法

お支払い方法は「代金引換」「クレジットカード決済」「NP後払い」「郵便振替」「銀行振り込み」の中からお選び下さい。

■発送・送料

時間指定

桐たんす・チェスト・桐たんす再生の発送については、地域ごとにことなります。

当社の社員2人、もしくはクロネコヤマトの家具専門部門での配送になります。
(開梱・設置・梱包材の引き取りまで行います。)

送料については「発送と送料」をご覧下さい。

■手数料について(お客様ご負担)

・銀行振込手数料
・郵便振込手数料
・後払い手数料 ¥200
・代金引き換え手数料
   ¥324(合計金額1万円未満)
   ¥432(合計金額1〜3万円未満)
   ¥648(合計金額3〜10万円未満)
   ¥1080(合計金額10〜30万円未満)

■お問い合わせ

三代続く桐たんす工房 桐の蔵

本社〒959-1513 新潟県加茂市神明町2-4-10

工房〒959-1500
   新潟県南蒲原郡田上町大字田上丙829-1

フリーダイヤル 0120-57-4337(お客様専用)
tel 0256-57-4337  fax 0256-57-5176
e-mail  info@1kirizo.com