桐たんす用語集 や行

桐の蔵
フリーダイヤル0120-57-4337

桐たんす用語集 や行

桐たんす用語集

や行

焼桐仕上げ(やききりしあげ)

【焼桐仕上げ(やききりしあげ)】

たんすの表面をバーナーで焼き色をつける仕上げ方法。

汚れや傷が目立ちにくいので最近は人気がある。 ただし、焼く事によって、材料の良し悪しがわからなくなるため注意が必要。中国桐は焼き桐仕上げにされる事が多い。

洋服箪笥(ようふくたんす)

【洋服箪笥(ようふくたんす)】

洋服をハンガー等にかけたまま収納できる桐たんす。観音開きの中にはパイプが通っている。奥行きは桐たんすより深く60.5cmとなります。

用途によって、引き出しをつけることも可能です。

油単(ゆたん)

【油単(ゆたん)】

桐たんすのカバーになります。

通常は掛けたままの状態で、使用するときに前だけ開くようになっています。桐たんすをホコリや日焼けから守りますので、当社ではお勧めしています。


0120-57-4337

copyright © 三代続く桐たんす工房 桐の蔵 all right reserved.