桐たんす用語集 さ行 三代続く桐たんす工房 桐の蔵

HOME l サイトマップ

桐たんす工房 桐の蔵 トップページ > 桐たんす > 桐たんす用語集 > 桐たんす用語集 さ行

桐たんす用語集 さ行

桐たんす用語集

さ行

再生(さいせい)

【再生(さいせい)】

古くなって傷だらけになった桐たんすを修理する事。

削り直りや、最近ではリフォームとも言う。

棹(さお)

【棹(さお)】

桐たんすの数え方。

現在ではあまり使われなくなった言葉だが、桐たんすの数は一棹 (さお) 、二棹 … と数える。

棹通し(さおどおし)

【棹通し(さおどおし)】

昔、桐たんすを担ぐ際に使用された棒を通す穴の開いた金具。

現在ではほとんど使われていない。

先板(さきいた)

【先板(さきいた)】

桐たんすの引き出しの部材の名前。

引き出しの奥側の板の事を「先板」と呼ぶ。

先留(さきとめ)

【先留(さきとめ)】

引き出しの先板とほて板のつなぎ合わせが45度になっている事。

手間がかかるため、高級な桐たんすに使われている。

三方桐(さんぽうぎり)

【三方桐(さんぽうぎり)】

桐たんすの、前面とい左右の板に桐を使い、裏板などは桐以外の安価な材料を使ったもの。

昔の桐たんすには、主に杉が使われた。

下三大洋(したさんおおよう)

【下三大洋(したさんおおよう)】

下三とは下側に引き出しが3段ある事を示す。

洋とは、扉の事を指し、大とは上のことを意味する

下三中洋(したさんなかよう)

【下三中洋(したさんなかよう)】

下三とは下側に引き出しが3段ある事を示す。

洋とは、扉の事を指し、中とは中段のことを意味する

時代仕上げ(じだいしあげ)

【時代仕上げ(じだいしあげ)】

たんすの表面をバーナーで焼き色をつける仕上げ方法。

汚れや傷が目立ちにくいので最近は人気がある。
ただし、焼く事によって、材料の良し悪しがわからなくなるため注意が必要。時代仕上げと呼ばれる事もある。

四方丸(しほうまる)

【四方丸(しほうまる)】

桐たんすの形のひとつ。

桐たんすの上下左右の四隅が丸く細工されているもの。

尺(しゃく)

【尺(しゃく)】

尺貫法における長さの単位で桐たんすは尺貫法で作られる。

尺とは現代では約30.3cmである。

寸(すん)

【寸(すん)】

尺貫法における長さの単位で桐たんすは尺貫法で作られる。

寸とは現代では約3.03cmである。

整理箪笥(せいりだんす)

【整理箪笥(せいりだんす)】

高さが背丈ぐらいの桐たんすで、引出しが首の高さまであり、 その上部を引き違い戸にした形状のもの。

正式には、昇りたんすと呼ばれる。

セサミン

【セサミン】

桐に含まれる成分のひとつ。

防虫にとても優れている成分である。

総面取り(そうめんとり)

【総面取り(そうめんとり)】

桐たんす本体の前面の角がすべて直角ではなく、面がとられている事。

平らになっているものは「平面」と呼ばれる。
桐の蔵の桐たんすは、すべて総面取りである。

底板(そこいた)

【底板(そこいた)】

引き出しや衣装盆の底の板。

一般的な家具では、ベニア板などが使われるが桐たんすは、無垢の板が使われる。

■このページの先頭に戻る

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

 

■お支払い方法

お支払い方法

お支払い方法は「代金引換」「クレジットカード決済」「NP後払い」「郵便振替」「銀行振り込み」の中からお選び下さい。

■発送・送料

時間指定

桐たんす・チェスト・桐たんす再生の発送については、地域ごとにことなります。

当社の社員2人、もしくはクロネコヤマトの家具専門部門での配送になります。
(開梱・設置・梱包材の引き取りまで行います。)

送料については「発送と送料」をご覧下さい。

■手数料について(お客様ご負担)

・銀行振込手数料
・郵便振込手数料
・後払い手数料 ¥200
・代金引き換え手数料
   ¥324(合計金額1万円未満)
   ¥432(合計金額1〜3万円未満)
   ¥648(合計金額3〜10万円未満)
   ¥1080(合計金額10〜30万円未満)

■お問い合わせ

三代続く桐たんす工房 桐の蔵

本社〒959-1513 新潟県加茂市神明町2-4-10

工房〒959-1500
   新潟県南蒲原郡田上町大字田上丙829-1

フリーダイヤル 0120-57-4337(お客様専用)
tel 0256-57-4337  fax 0256-57-5176
e-mail  info@1kirizo.com