桐たんす用語集 ま行

桐の蔵
フリーダイヤル0120-57-4337

桐たんす用語集 ま行

桐たんす用語集

ま行

前桐(まえぎり)

【前桐(まえぎり)】

桐たんすの、前面だけに桐を使い、側板や裏板などは桐以外の安価な材料を使ったもの。引き出しも全面だけが桐。

昔の桐たんすには、桐材が高価だったため、主に杉材が使われた。

前飾り(まえかざり)

【前飾り(まえかざり)】

観音開きに付く金具の名前。

さまざまな柄があり、お客様の好みで好きな金具が付けらける。

柾目(まさめ)

【柾目(まさめ)】

丸太の中心に向かって挽いたときに現れる年輪が平行な木目を柾目と言う。

細かい柾目ほどきれいで貴重である。

丸盆(まるぼん)

【丸盆(まるぼん)】

角が丸く加工されていて、四方全部が、「砥の粉」で塗装されている。
一番流通している衣装盆である。

無垢板(むくいた)

【無垢板(むくいた)】

合板のように貼り合わせてつくった板ではなく、一枚板の事を言う。一般的な家具はすべて合板である。

夫婦箪笥(めおとたんす)

【夫婦箪笥(めおとたんす)】

二棹のたんすを組んで販売した婚礼用の家具の呼び名。。

昇り箪笥(女性用)と男箪笥(和箪笥)を組んだものが多い。


0120-57-4337

copyright © 三代続く桐たんす工房 桐の蔵 all right reserved.