桐たんす用語集 あ行

桐の蔵
フリーダイヤル0120-57-4337

桐たんす用語集 あ行

桐たんす用語集

あ行

会津桐(あいづきり)

【会津桐(あいづきり)】

福島県の会津地方で育てられた桐。その中でも、三島町の「三島桐」は有名。

『桐』は切っても切っても生えてくることから“絶えざる木”と言われ、中国では“鳳凰(ほうおう)が宿る木”と言われいます。

蟻組み(ありぐみ)

【蟻組み(ありぐみ)】

引出しの前板と端板(側板)を接合するときの代表的な組手。

先端が広くなるように台形に加工して組む技法のことです。 先端が広がっている分、特に"引く力"に強いので、引出しの側板の加工に向いています。

衣装箱(いしょうばこ)

【衣装盆(いしょうぼん)】

主に、桐たんすの和箪笥などに装備され、和服を折りたたんで整理収納するための浅い器。衣装盆一枚に、お着物を約3枚ほど収納できる。

引出しと違い、箪笥本体から容易に抜き出して持ち運べる便利さがある。

印籠蓋(いんろうぶた)

【印籠蓋(いんろうぶた)】

箱物の蓋の中では、密閉度がある作り。

被せふたよりは、制作に手間はかかるが、お着物等の湿気を嫌うモノの保管には優れている。

うつぎ

【うつぎ】

桐たんすに使用する木釘の材料である。硬く、腐りにくいため古くから桐たんすに使用される。

鉄の釘と違い錆びることがなく、目立たず美しい仕上がりになります。

うづくり

【うづくり】

かるかやの根や和箒 (わぼうき) の繊維を円筒状に束ねたモノ。

木材の表面を何度もこすって木目に凹凸を付け、 年輪を浮かび上がらせた仕上げ。

ウォルナット

【ウォルナット walnut】

クルミ科の落葉広葉樹で北米に産する。硬く、狂いが少ないためテーブル等に使用されるが高価である。当社のチェスト「ブラウニー」の取っ手に使用される。

裏板(うらいた)

【裏板(うらいた)】

桐たんす本体の裏側の板。桐たんすの背骨となる部分であり、重要な箇所。なるべく広い板で作られた方が良い。その桐たんすの良し悪しは、裏板を見ればだいたいわかる。

オイル仕上げ(おいるしあげ)

【オイル仕上げ(おいるしあげ)】

天然の成分から作られた塗料。ウレタン塗装や、シンナー系の塗料などと違い、桐の呼吸を妨げず、尚且つ、汚れも付きにくい。水拭きできるのでお手入れがしやすい。当社のチェストに使用される。

大丸(おおまる)

【大丸(おおまる)】

桐たんすの本体の板の厚みが4cmの無垢板で、天板・地板・側板すべてが丸く細工されているもの。制作に非常に手がかかるため、桐たんすのモデルとしてはトップクラスのものである。

大洋(おおよう)

【大洋(おおよう)】

洋とは、扉の事を指し、大とは上のことを意味する したがって、大洋とは、上の扉となり、和たんすの観音開きの事を指す。


0120-57-4337

copyright © 三代続く桐たんす工房 桐の蔵 all right reserved.