整理たんす 淡雪 三代続く桐たんす工房 桐の蔵

HOME l サイトマップ

桐たんす工房 桐の蔵 トップページ > 桐たんす > 整理たんす > 淡雪

整理たんす 淡雪

整理たんす 淡雪 焼き桐仕上げの整理たんす 整理たんす 淡雪側面

木目が美しい無垢板で造られている側板。焼き桐の桐たんすに良く見られる中国桐では、このような美しい木目はございません。 すべてが国産桐で作られる当社の桐たんすならではの造り込みです。

引き出しの前面は焼き桐には珍しい柾目で仕上げていますので、くどくならずにスッキリとした印象に仕上がっています。

引き出しの数の変更など可能ですので、お持ちの衣類の量やお部屋の大きさに合わせてオーダーしてください。

 

3つ割の小引き出し

(画像をクリックで拡大)

一番上の引き出しは、小物の収納に便利な3つ割。もちろん加茂桐たんすの証のシールや伝統工芸品の証のシールも貼ってあります。

天板の細工

(画像をクリックで拡大)

天板は、前面と左右に約3mmほど本体より出ています。洋風な細工ですが、 これがアクセントになっており良いバランスで仕上がっています。

焼き桐 白砥の粉の天板

(画像をクリックで拡大)

美しい木目の天板は国産桐の証。焼き桐に白い砥の粉を入れた、落ち着いた色調で、和室・洋室問わずマッチいたします。

柾目と彫り込み

(画像をクリックで拡大)

引き出しの前面は細かい木目が特徴の「柾目」。また取手金具が付きませんので、本体の下部に彫り込みが入れてあります。

引き出しの中のたとう紙

(画像をクリックで拡大)

引き出しは内寸が広いため、たとう紙に入れた着物もゆったりとしまえます。 また深さもあるためセーターなどの普段着にも最適です。

底板

(画像をクリックで拡大)

幅の広い板だけを、贅沢に使用した引き出しの底板。厚さは約9mmで木釘で、しっかりと止めてあります。

たんすの幅は1m6cmの、高さの低い、引出しのみの「整理たんす」です。

特徴としては全体をバーナーで丁寧に焼き、すすを落としてから、白色の「砥の粉」を塗り込んでは
落とし、塗り込んでは落とす作業を繰り返す事で、完成させた色は明るめのグレー。

焼き色を前面に出した整理たんす「甘栗」に対し、グレーの焼き色の「淡雪」は、
和でも洋でもどんな空間にも、渋くマッチする整理たんすです。

引き出しは少し浅めの大きな引き出しが4段と小物用の引き出しが1段。

お着物から、カシミアなどの薄めのセーターまで、収納できる大きさと、小物もしっかり収納できる
使い勝手の良いサイズです。高さを抑えた、圧迫感のないサイズは、今の生活にもぴったり。

使用する桐材は新潟県内産。
本体は2.7cm厚の無垢板を使い、天板は全面と側面が本体より少し出た造りで、洋風なアクセントになっています。

引き出しの下には彫り込みを付け、そこを引くことで、引き出しの開け閉めができ、取手金具のない、シンプルなデザインは 全体をすっきりと見せてくれます。

仕上げは焼き仕上げ(グレー)ですが、「砥の粉」仕上げや、「甘栗」のような焼き仕上げでも承ります。

また、幅や奥行き、高さなどのサイズ変更、引き出しを増やしたり、減らしたりなど、
あなたのご要望にお答えできます。お問い合わせ下さい。

 

オーダーメイドにて製作いたします。

 

国産桐

新潟県十日町産の桐を使用しています。

桐たんすで、もっとも重要なポイントは良質な桐材です。どんなにすばらしい職人が製作していても、またその会社に 歴史があったとしても良質な材料なくして、良質な桐たんすはありません。

では良質な桐材を使っているかは、どこで判断したらいいのでしょうか?どても難しい質問ですが、一番は直接業者に聞くのがいいでしょう。

またインターネット上では、たくさんの桐たんすが見られますが、材質のところに「総桐」や「桐100%」と書かれているところはやめましょう。

中国桐を使っていたり、日本桐と中国桐を混ぜて使っていても「総桐」ですし、「桐100%」です。

ここが重要です。お客様はよく騙されるところです。

新潟県十日町産の桐を仕様しています。

 


伝統工芸士が手作りで制作いたします。

経済産業大臣指定 伝統工芸士が制作いたします。

一人前になるまで10年以上とも言われる桐たんすの職人の世界。
毎日毎日、繰り返される仕事の中から、職人はその技術を自らの力で身につけていくのです。

職人の一つ一つの作業は、どれをとっても、機械で行う工程はほんのわずか。
すべての工程は、職人の「手」で見極められ、最初から最後まで経験で培った「技術」と「目」によって最高の桐たんすが作りだされるのです。

完成まで40日〜60日かかります。

整理たんす 淡雪

■桐材:新潟県内産桐
■本体の板の厚み:27mm
■外寸:横幅1065mm×高さ842mm×奥行457mm
■引出し内寸(大):横964mm×奥392mm×深112mm
■引出し内寸(小):横283mm×奥392mm×深113mm
■仕様:総面取り・棚板通・引き出し彫り込み取手
■塗装:焼き桐時代仕上げ
■加茂箪笥協同組合証明証紙
■伝統工芸士名の焼印入り
■金具:金具のご紹介からお選び下さい。
■送料:送料のご紹介をご確認下さい。

価格:¥550.000(税込)


カタログ請求はこちら フリーダイヤル 0120-57-4337

*作り手からの一言

職人 小池茂次

金具が付かないスッキリとした焼き桐たんす。
職人 小池茂次

引き出しの下部に彫り込みを入れ、取手の代わりにしたスッキリとしたデザイン。 また焼いた上から白砥の粉を入れた手の込んだ仕上げは和洋問わず、いろいろなお部屋に相性が良いです。

 

花車 花車

トップクラスの桐たんす

横幅1m9cm
引き出し8段
本体板厚4cm

\960,000

詳しくはこちら
葛葉 葛葉

トップクラスの桐たんす

横幅1m9cm
引き出し8段
本体板厚4cm

\990,000

詳しくはこちら
すずらん すずらん

スタンダードな桐たんす

横幅1m9cm
引き出し8段
本体板厚2.7cm

\880,000

詳しくはこちら
ほおずき ほおずき

背の低い小袖たんす

横幅1m6cm
引き出し6段
本体板厚2.7cm

\580.000

詳しくはこちら
 
菊

トップクラスの桐たんす

横幅1m21cm
引き出し8段
本体板厚4cm

\1,280,000

詳しくはこちら
うるみ桜 うるみ桜

トップクラスの桐たんす

横幅1m9cm
引き出し8段
本体板厚2.7cm

\1,000,000

詳しくはこちら
春桜 春桜

最高級の桐たんす

横幅1m21cm
引き出し8段
本体板厚4cm

\1,780,000

詳しくはこちら
くるみ くるみ

引き出し7段の小袖たんす

横幅1m6cm
引き出し7段
本体板厚2.7cm

\630.000

詳しくはこちら
小袖 小袖

すべて引き出しの小たんす

横幅1m6cm
引き出し6段
本体板厚2cm

\520,000

詳しくはこちら
甘栗 甘栗

焼桐仕上げの小袖たんす

横幅1m6cm
引き出し5段
本体板厚2.7cm

\550.000

詳しくはこちら
淡雪 淡雪

焼き桐仕上げの桐たんす

横幅1m6cm
引き出し5段
本体板厚2.7cm

\550,000

詳しくはこちら
十六夜 十六夜

横幅がワイドな桐たんす

横幅1m45cm
引き出し5段
本体板厚2.7cm

\680,000

詳しくはこちら
和たんすはこちら
洋服たんすはこちら

はじめの一歩
桐たんす用語集

■このページの先頭に戻る

■お支払い方法

お支払い方法

お支払い方法は「代金引換」「クレジットカード決済」「NP後払い」「郵便振替」「銀行振り込み」の中からお選び下さい。

■発送・送料

時間指定

桐たんす・チェスト・桐たんす再生の発送については、地域ごとにことなります。

当社の社員2人、もしくはクロネコヤマトの家具専門部門での配送になります。
(開梱・設置・梱包材の引き取りまで行います。)

送料については「発送と送料」をご覧下さい。

■手数料について(お客様ご負担)

・銀行振込手数料
・郵便振込手数料
・後払い手数料 ¥200
・代金引き換え手数料
   ¥324(合計金額1万円未満)
   ¥432(合計金額1〜3万円未満)
   ¥648(合計金額3〜10万円未満)
   ¥1080(合計金額10〜30万円未満)

■お問い合わせ

三代続く桐たんす工房 桐の蔵

本社〒959-1513 新潟県加茂市神明町2-4-10

工房〒959-1500
   新潟県南蒲原郡田上町大字田上丙829-1

フリーダイヤル 0120-57-4337(お客様専用)
tel 0256-57-4337  fax 0256-57-5176
e-mail  info@1kirizo.com