桐箪笥の修理 再生 リフォームが出来るまで

HOME l サイトマップ

桐たんす工房 桐の蔵 トップページ > 桐箪笥の修理 再生 リフォームが出来るまで

桐箪笥の修理 再生 リフォームが出来るまで

1

東京都S様から修理を依頼されて届けられた桐箪笥です。当社ではしっかりと梱包して発送いたしますので、
遠方の方でも安心してお任せ下さい。

東京都S様から修理を依頼されて届けられた桐箪笥です。

当社ではしっかりと梱包して発送いたしますので、遠方の方でも安心してお任せ下さい。

2

梱包を解くと、3つ重ねの整理箪笥です。昔からある定番の形ですが、今、見ても違和感がありませんね。。
桐箪笥のデザインは良く考えられて作られているのがわかります。

梱包を解くと、3つ重ねの整理箪笥です。定番の形ですが、今、見ても違和感がありませんね。 桐箪笥のデザインは良く考えられて作られているのがわかります。

3

柾の貼り付けがなくなっています。昔は米を接着剤の変わりにしていたので、接着力が弱く
昔の箪笥のほとんどが虫に食われているか、なくなっているものが多いです。

柾の貼り付けがなくなっています。昔は米を接着剤の変わりにしていたので、接着力が弱く 昔の箪笥のほとんどが虫に食われているか、なくなっているものが多いです。

4

本体の側面の板の張り合わせが、離れています。先ほどの説明と同じで米を接着剤の変わりに使っていたからだと思われます。

本体の側面の板の張り合わせが、離れています。先ほどの説明と同じで米を接着剤の変わりに使っていたからだと思われます。

5

これもよくある光景です。金具がなくなっています。力が一番かかる部分のため、金具が取れ、いつのまにかまくなったと言う感じでしょうか。

これもよくある光景です。金具がなくなっています。力が一番かかる部分のため、金具が取れ、いつのまにかまくなったと言う感じでしょうか。

6

この桐箪笥は前面・左右側面は桐で、それ以外は杉材で作られていました。三方桐と呼ばれる桐たんすです。他に前桐もあります。

この桐箪笥は前面・左右側面は桐で、それ以外は杉材で作られていました。三方桐と呼ばれる桐たんすです。他に前桐もあります。

7

まず最初に桐箪笥の状態を点検しながら新たなキズをつけないよう丁寧に
金具を全部はずします。この箪笥は砥の粉が全部落ちていたため、水洗いはいたしません。

まず最初に桐箪笥の状態を点検しながら新たなキズをつけないよう丁寧に 金具を全部はずします。この箪笥は砥の粉が全部落ちていたため、水洗いはいたしません。

8

次に機械を使って割れているところの部分の幅を同じにします。この作業をしないと、見た目が美しくありません。
また再度、割れてくる事がありませんので安心です。

次に機械を使って割れているところの部分の幅を同じにします。この作業をしないと、見た目が美しくありません。 また再度、割れてくる事がありませんので安心です。

9

ご覧のように綺麗にみぞが開きました。また斜めに割れている場合は
斜めに埋めますと、再度、割れてくる可能性がありますのでお勧めいたしません。

ご覧のように綺麗にみぞが開きました。また斜めに割れている場合は 斜めに埋めますと、再度、割れてくる可能性がありますのでお勧めいたしません。

10

みぞの幅に合わせ桐材を切ります。これを先ほど開けたみぞに埋め込んでいきます。

みぞの幅に合わせ桐材を切ります。これを先ほど開けたみぞに埋め込んでいきます。

11

桐材はみぞの幅よりも少し大きめに切り、それを潰してみぞに埋め込みます。

桐材はみぞの幅よりも少し大きめに切り、それを潰してみぞに埋め込みます。

12

裏板は必ず割れています。この桐箪笥も全部で8ヵ所割れていました。裏板の材料は杉ですね。

裏板は必ず割れています。この桐箪笥も全部で8ヵ所割れていました。裏板の材料は杉ですね。

13

斜めに割れていた裏板も綺麗に埋めます。この後、鉋をかけて仕上げます。

斜めに割れていた裏板も綺麗に埋めます。この後、鉋をかけて仕上げます。

14

このようなぶつけた傷はたくさんあります。これも一つ一つ綺麗に埋めていきます。

このようなぶつけた傷はたくさんあります。これも一つ一つ綺麗に埋めていきます。

15

キズが隠れる大きさに桐材を切ります。細かい作業ですが丁寧に行います。

キズが隠れる大きさに桐材を切ります。細かい作業・地道な作業の連続です。

16

桐材の大きさに合わせ新たに掘り込みます。

桐材の大きさに合わせ新たに掘り込みます。

17

掘り込んだ穴にピッタリはめ込みます。

掘り込んだ穴にピッタリはめ込みます。

18

ここも最後は鉋をかけて平らに仕上げます。

ここも最後は鉋をかけて平らに仕上げます。

19

次に桐箪笥の正面部分です。ぶつけたような傷がたくさんありますので、すべて新しい柾を張り替えます。

次に桐箪笥の正面部分です。ぶつけたような傷がたくさんありますので、すべて新しい柾を張り替えます。

20

張り替える事によって、すべての面の角が立って、仕上がりがとても綺麗になります。手は抜けません。

張り替える事によって、すべての面の角が立って、仕上がりがとても綺麗になります。手は抜けません。

21

木目の綺麗な柾を各大きさに切り貼り付けます。状態によっては引き出しの正面の柾も張り替えます。

木目の綺麗な柾を各大きさに切り貼り付けます。状態によっては引き出しの正面の柾も張り替えます。

22

新しい柾を貼った事により、角が立ち、新品同様に生まれ変わります。

新しい柾を貼った事により、角が立ち、新品同様に生まれ変わります。

23

写真は引き出しの底板です。先ほどと同じようにこちらも埋めていきます。

写真は引き出しの底板です。先ほどと同じようにこちらも埋めていきます。

24

この箪笥の底板は杉ですね。埋めて鉋で仕上げました。再度、同じ場所が割れる事はありません。

この箪笥の底板は杉ですね。埋めて鉋で仕上げました。再度、同じ場所が割れる事はありません。

25

全体の補修が終わったら、最後の仕上げとして、鉋をかけます。一皮剥く感じです。

全体の補修が終わったら、最後の仕上げとして、鉋をかけます。一皮剥く感じです。

26

これで本体の補修は終了です。随分綺麗になりました。

これで本体の補修は終了です。随分綺麗になりました。

27

続いては引き出しの正面です。同じように傷を埋め、全体を鉋をかけて仕上げます。

続いては引き出しの正面です。同じように傷を埋め、全体を鉋をかけて仕上げます。

28

写真は上台の引き戸です。まず分解いたします。

写真は上台の引き戸です。まず分解いたします。

29

こちらも傷、割れを埋め、鉋をかけて仕上げます。

こちらも傷、割れを埋め、鉋をかけて仕上げます。

30

大まかな説明ですが、ここまでで桐箪笥の補修作業は終了です。

大まかな説明ですが、ここまでで桐箪笥の補修作業は終了です。

31

続いては、仕上げとなる塗装と金具の取り付けになります。

続いては、仕上げとなる塗装と金具の取り付けになります。

32

まず最初に「うづくり」と呼ばれるもので表面を擦り木目を立てます。

まず最初に「うづくり」と呼ばれるもので表面を擦り木目を立てます。

33

これが「うづくり」です。かやの根を束ねたものです。他では見る事はありませんね。

これが「うづくり」です。かやの根を束ねたものです。他では見る事はありませんね。

34

次に下塗りとして「砥の粉」を一回塗ります。

次に下塗りとして「砥の粉」を一回塗ります。

35

「砥の粉」とは粘土質の土を水で溶かしたものです。桐箪笥の塗装の定番です。

「砥の粉」とは粘土質の土を水で溶かしたものです。桐箪笥の塗装の定番です。

36

綺麗ですね。色の違いは砥の粉の調整で濃くしたり、薄くしたりできます。

淡い黄色です。色の違いは砥の粉の調整で濃くしたり、薄くしたりできます。

37

しっかり乾燥させたら「うづくり」で擦って「砥の粉」を落とします。

しっかり乾燥させたら「うづくり」で擦って「砥の粉」を落とします。

38

さぁ、次は上塗りです。同じように「砥の粉」を丁寧に塗ります。

さぁ、次は上塗りです。同じように「砥の粉」を丁寧に塗ります。

39

乾燥したら最後の仕上げです。艶と汚れが付きにくいようにします。

乾燥したら最後の仕上げです。艶と汚れが付きにくいようにします。

40

これが「ロウ」です。最後の仕上げにはかかせません。

これが「ロウ」です。最後の仕上げにはかかせません。

41

体全体を使ってリズミカルに塗っていきます。

体全体を使ってリズミカルに塗っていきます。

42

よいよ最終工程です。金具の取り付けです。真新しい金具を取り付けます。

よいよ最終工程です。金具の取り付けです。真新しい金具を取り付けます。

43

持ち込まれる桐箪笥は、ほとんど金具がなくなっています。

持ち込まれる桐箪笥は、ほとんど金具がなくなっています。

44

金具の取り付けが終われば、すべての作業が終了です。

金具の取り付けが終われば、すべての作業が終了です。

45

これで、また何十年も使えます。この桐箪笥の修理料金は25万円になります。

この桐箪笥の修理料金は25万円になります。

 

必ず、桐箪笥の大きさ(横幅・高さ・奥行き)の寸法をお知らせください。

フリーダイヤル0120-57-4337まで。

■このページの先頭に戻る


■お支払い方法

お支払い方法

お支払い方法は「代金引換」「クレジットカード決済」「NP後払い」「郵便振替」「銀行振り込み」の中からお選び下さい。

■発送・送料

時間指定

桐たんす・チェスト・桐たんす再生の発送については、地域ごとにことなります。

当社の社員2人、もしくはクロネコヤマトの家具専門部門での配送になります。
(開梱・設置・梱包材の引き取りまで行います。)

送料については「発送と送料」をご覧下さい。

■手数料について(お客様ご負担)

・銀行振込手数料
・郵便振込手数料
・後払い手数料 ¥200
・代金引き換え手数料
   ¥324(合計金額1万円未満)
   ¥432(合計金額1〜3万円未満)
   ¥648(合計金額3〜10万円未満)
   ¥1080(合計金額10〜30万円未満)

■お問い合わせ

三代続く桐たんす工房 桐の蔵

本社〒959-1513 新潟県加茂市神明町2-4-10

工房〒959-1500
   新潟県南蒲原郡田上町大字田上丙829-1

フリーダイヤル 0120-57-4337(お客様専用)
tel 0256-57-4337  fax 0256-57-5176
e-mail  info@1kirizo.com