2013年3月4日 読売新聞取材 三代続く桐たんす工房 桐の蔵

HOME l サイトマップ

桐たんす工房 桐の蔵 トップページ > マスコミ掲載記事

2013年3月4日 読売新聞取材

2013年3月4日 読売新聞取材

桐たんす展示会 桐たんすをPR

加茂市の伝統工芸品「桐たんす」をPRしようと、新潟市中央区の新潟テルサで3日、メーカーによる桐たんすの展示会が開かれた。

若者を中心に需要が低下していることから、より使いやすく現代的なデザインの製品など20点が展示された。

同市では200年ほど前から桐たんすの生産が始まったとされ、現在はシェア70%を占める全国一の産地。 桐は燃えにくく、湿気を適度に調整する特徴があるため、着物や和紙の保管に利用されてきた。

しかし近年は「サイズが大きい」「高価」といった印象で、敬遠される事もあるという。

展示会では従来の桐たんすと共に、比較的小さく、角を丸く削るなど工夫して和洋どちらの部屋にも合うデザインの「桐チェスト」も展示

来場者達は実際に引き出しを出し入れしながら、桐の手触りを確かめていた。

主催した桐の蔵の桑原隆社長は、「桐たんすは昔から女性の憧れ。一生ものの買いものになるはず」とアピールしていた。


■このページの先頭に戻る


■お支払い方法

お支払い方法

お支払い方法は「代金引換」「クレジットカード決済」「NP後払い」「郵便振替」「銀行振り込み」の中からお選び下さい。

■発送・送料

時間指定

桐たんす・チェスト・桐たんす再生の発送については、地域ごとにことなります。

当社の社員2人、もしくはクロネコヤマトの家具専門部門での配送になります。
(開梱・設置・梱包材の引き取りまで行います。)

送料については「発送と送料」をご覧下さい。

■手数料について(お客様ご負担)

・銀行振込手数料
・郵便振込手数料
・後払い手数料 ¥200
・代金引き換え手数料
   ¥324(合計金額1万円未満)
   ¥432(合計金額1〜3万円未満)
   ¥648(合計金額3〜10万円未満)
   ¥1080(合計金額10〜30万円未満)

■お問い合わせ

三代続く桐たんす工房 桐の蔵

本社〒959-1513 新潟県加茂市神明町2-4-10

工房〒959-1500
   新潟県南蒲原郡田上町大字田上丙829-1

フリーダイヤル 0120-57-4337(お客様専用)
tel 0256-57-4337  fax 0256-57-5176
e-mail  info@1kirizo.com