立木から桐たんすまでの流れ

HOME l サイトマップ

桐たんす工房 桐の蔵 トップページ > 桐たんす > 立木から桐たんすまでの流れ

桐は立木から、桐たんすに使えるまで3年の年月がかかります。


桐の立木

桐の立木

桐は立ち木の状態で確認します。
毎年春になると、薄紫色の桐の花が一面咲き誇ります。
桐の花はなかなか見る事も少ないと思います。



桐の花

桐の花

これが桐の花になります。
薄紫色の可憐な花が咲きます。



切り倒された桐の原木

切り倒された桐の原木

切り倒された桐の原木を一本一本、見定めます。
この時点で、どの程度の厚さに製材するか頭で考えます。



桐の原木

桐の原木

桐の原木は、一般の方には、なかなか目にする事はないと思います。
残念ですが、最近では桐たんす屋さんでも、中国桐を使うところが多くなっていますので、原木を見た事のない桐たんす屋さんもいるくらいです。



買い付けられた桐材は製材所に運ばれます。

製材中の桐

桐たんすの町、加茂市には原木を板に製材する製材所があります。
ここで、それぞれ決められた板の厚さに製材されます。



製材にも技術がいります。

製材所

丸太を決められた厚さに製材するにも技術がいります。
技術がないと、一枚一枚の厚さが、均一ではありません。



製材後に運び込まれます。

運び込まれた桐材

製材後に、会社に運び込みます。
この後、一枚一枚丁寧に広げます。



決められた厚さに製材されてます。

製材された桐

それぞれの厚さにスライス状に製材されます。



板干し作業に入ります。。

板干し作業1

当社の職人の手によって、一枚一枚、板干し場と呼ばれる広大な土地に運び込みます。



職人の手によって一枚一枚、広げます。

板干し作業2

一枚一枚、確認しながら板を均等に並べていきます。



2〜3年、板を干します。

2年から3年の歳月をかけ、じっくりと板の渋をだします。

2年から3年の歳月をかけ、じっくりと板の渋をだします。
左側の黒くなっている板は、3年ほど干したものです。



じっくりと出番を待ちます。

板小屋で保管します。

板干しが終わった板は、板小屋に保管され、じっくりと出番を待ちます。


■このページの先頭に戻る

カタログ請求

カタログ請求はこちら

 

■お支払い方法

お支払い方法

お支払い方法は「代金引換」「クレジットカード決済」「NP後払い」「郵便振替」「銀行振り込み」の中からお選び下さい。

■発送・送料

時間指定

桐たんす・チェスト・桐たんす再生の発送については、地域ごとにことなります。

当社の社員2人、もしくはクロネコヤマトの家具専門部門での配送になります。
(開梱・設置・梱包材の引き取りまで行います。)

送料については「発送と送料」をご覧下さい。

■手数料について(お客様ご負担)

・銀行振込手数料
・郵便振込手数料
・後払い手数料 ¥200
・代金引き換え手数料
   ¥324(合計金額1万円未満)
   ¥432(合計金額1〜3万円未満)
   ¥648(合計金額3〜10万円未満)
   ¥1080(合計金額10〜30万円未満)

■お問い合わせ

三代続く桐たんす工房 桐の蔵

本社〒959-1513 新潟県加茂市神明町2-4-10

工房〒959-1500
   新潟県南蒲原郡田上町大字田上丙829-1

フリーダイヤル 0120-57-4337(お客様専用)
tel 0256-57-4337  fax 0256-57-5176
e-mail  info@1kirizo.com