桐たんすに向き合う職人の目

桐の蔵
フリーダイヤル0120-57-4337

桐たんすに向き合う職人の目

職人の目1
職人の目2
職人の目3
職人の目4
職人の目5
職人の目6
職人の目7

桐たんすに向き合う職人の目

一人前になるまで、10年以上とも言われる職人の世界。毎日、毎日、繰り返される仕事の中から、職人はその技術 を自らの力で身につけていくのです。

職人の一つ一つの作業は、どれをとっても、機械で行う工程はほんのわずか。

すべての工程は、職人の「手」で見極められ、最初から最 後まで、その経験で培った「技術」と「目」によって最高の桐たんすが作り出されるのです。

原木の仕入れから、製造、出荷まで、桐の蔵は一貫して すべての職人がその手で、その目で、桐と向き合います。時には「木表」「木裏」を見て、時には「逆目」を読む。

毎日、桐と向き合う職人の目は、真剣そのものです。そして、桐と向き合う職人の向こう側は、お客様に通じて いるのです。

0120-57-4337

copyright © 三代続く桐たんす工房 桐の蔵 all right reserved.